September 28, 2010

113.小林 晃さん5

kobayashi-aki私スズキトモコからは、小林晃(こばやし あき)さんをご紹介します。
異国の香りが漂う彼女の絵は、レコードから音楽が聴こえてきたり、薔薇がふわっと咲いたり、フィルムが廻り出したり、詩が踊ったり、珈琲が香ったりするかのよう。女の子なら誰しも憧れる、秘密の宝箱のような世界を、とてもさらりと表現しています。

そして実際の彼女も、フランスガム社という架空の会社で、相棒の黒猫と一緒に、パリのアパルトマンのような素敵なアトリエで絵を描いていて、まるで物語のような憧れの存在です。
本の装丁・挿画や、百貨店の広告、音楽会の案内状、自作の詩画集など素敵な作品をポロンポロンとたくさん生み出しています。
そんな彼女も私と同じ麦酒好きで、時々乾杯できるのが私の楽しみの1つです…!

http://www014.upp.so-net.ne.jp/francegum/

●紹介者:スズキトモコ

hmgpapa at 03:24│Comments(2)TrackBack(0) 挿絵 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 小林晃(PAPA代筆)   October 21, 2010 00:23
(1)自己紹介
東京都在住 イラストレーター
女性誌の挿絵を中心に書籍 広告 ときにはグッズ制作などのお仕事しております。
その他 フランスガム社の名のもとに様々な制作活動中です。
著書に「鉛筆お絵描きレッスンブック」池田書店
2. Posted by 小林晃(PAPA代筆)   October 21, 2010 00:26
(2)わたしがご紹介するのは 山元かえさん
出会いは 彼女の開催していた展示にわたしがふらりと入ったことです。それ以来仲良くさせていただいてますが色んな場所で偶然会ったりと 不思議な縁を感じます。さて本題のかえちゃんの絵は かわいくて 色鮮やかで それでいてやわらかくて なんといいますかじんわりと温度のたかい絵です。それは昔からよく知っている身近な世界のような気もするし ぜんぜん知らないどこか遠くの世界のような気もするし そんな魅力をもった絵だなと思います。というのはかえちゃん本人にも通じるような気がしています。(そんな魅力をもった彼女です)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
カウンター
Rule

「イラストレーターの輪」
ルールはTV「笑っていいとも
」の「テレフォン・ショッキン
グ」と同じです。紹介を受けた
イラストレーターさんは、[コ
メント1]自己紹介をお願いし
ます。 ※その時自己紹介用の
画像ファイルを一点mitsunorin
@mac.com
までお送り下さい。
[コメント2]この人は私より
スゴイ、というイラストレータ
ーさんを、お一人ご紹介下さい
。 ●紹介したいイラストレータ
ーさんのお名前 ●紹介文 ●URL
●紹介者「ご自分のおなまえ」
とURL ※この[コメント2]を
HUMMING PAPAがソックリ次
の記事としてコピペしてUP致
します。 ※コメント3以降は、
ご自分の近況、更に紹介したい
イラストレーターさんの事、こ
の企画へのご要望等、ご自由に
お使い下さい。 ※お手数です
が、次のイラストレーターさん
に、「ここに紹介しましたよ」
のご連絡をお願いします。 ■と
いうルールで「イラストレータ

ーの輪」を作っていきましょう
か。(多々失礼の段、この場を
お借りして<(_ _)> このとおり
!)


Can we...
ご自分のリンクページに余裕がございましたら、好い描き手さんを探したい方のために、こちらへの相互リンクをお願い出来たらと思います。
CAUTION !
このwebサイト内の全てのアート及びその著作権は、ここにご紹介のあった作家の皆様それぞれに帰属するものです。無断の転用盗用を厳禁します。