March 07, 2010

105.ワクイアキラさん5

wakui●上田バロンはイラストレーターのワクイアキラさんをご紹介します。との出会いはdigmeoutで。当時から立体フィギュアで自らのアイデアや音楽、カルチャーなどエッジの効いたキャラクターを生み出し、イラストレーションの表現方法としても異彩を放っていたのを思い出します。現在ではますます表現の幅を広げソフトな表現も個性的だし、本人もとてもピースで芯のある人物。個人的にの細かく繊細な造形やデザイン性などが大好きなクリエーターの1人です。

●ワクイアキラさんHP:http://www.wakuiweb.com/

●紹介者:上田バロン

hmgpapa at 13:42│Comments(2)TrackBack(0) 立体 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ワクイアキラ   March 11, 2010 18:21
長野県生まれ。2001年より、キャラクタ−イラストレーター「ワクイアキラ」として本格的な作品制作・発表を始める。以後、東京、ニューヨーク、トロント、ポートランド、北京など国内外での個展や
グループ展などへ多数出品し活動範囲を広げている。代表的な作品には、ロボットを題材にしたフィギュア作品が多く、ロボットフィギュアコレクターで有名な、米ナイキ社のCEOマーク•パーカー氏の
コレクションルームにも多くのフィギュア作品が収蔵され、また新作の木彫作品は中国のFubon Art財団の作品コレクションにも加わるなど、国内・海外のコレクターからも「Japannese ART」として注目を浴びている。2003年からは平和と調和の世界を題材にしたフィギュア&ペインティング作品の制作も始め、サマソニ07、08、09のライブペインティングでは、さらに自由な表現へと作品を発展させた。
また2009年、ユニバーサルスタジオジャパンでの
アトモスフィアショー「Happy Station」のキャラクタ−デザインを担当。2010年からはアーティスト「涌井晃」としても本格的に活動の幅を広げ、
2010年5月に、大阪で7年ぶり開催する個展を皮切に、7月にはART OSAKA、11月には東京コンテンポラリーアートフェアへの参加を予定している。

ホームページ http://wakuiweb.com
2. Posted by ワクイアキラ   March 11, 2010 18:23
私、ワクイアキラからは才村 昌子さんを
ご紹介させていただきます。
才村さんは様々な分野で活躍中のイラストレーターです。本の装幀や雑誌の挿絵、CDジャケット。
また美術、映像、出版などのDM、冊子、図録などのグラフィックデザインも手掛けていらっしゃいます。私ワクイが才村さんの作品に魅了されているポイントはまず第一に才村さんによって描き出される人物の独特なフォルムです。筋肉や骨格の誇張と省略のバランスが絶妙に心地よく、柔らかさと力強さを併せ持った人物に、生き生きとした生命感を感じます。そしてもうひとつのポイント「色」です。
カラフルでありながら、落ち着いた色彩は繊細で深く、女性らしさと男性のような力強さを放ち、描かれる人物の性格や感情、ストーリ−さえ想像させてくれます。ボクの好きなフォルムや色を操る才村さんご本人はというと、とても気さくで優しく、チャーミングで、ワインがお好きな女性です☆
http://saimura-masako.com/index.html

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カウンター
Rule

「イラストレーターの輪」
ルールはTV「笑っていいとも
」の「テレフォン・ショッキン
グ」と同じです。紹介を受けた
イラストレーターさんは、[コ
メント1]自己紹介をお願いし
ます。 ※その時自己紹介用の
画像ファイルを一点mitsunorin
@mac.com
までお送り下さい。
[コメント2]この人は私より
スゴイ、というイラストレータ
ーさんを、お一人ご紹介下さい
。 ●紹介したいイラストレータ
ーさんのお名前 ●紹介文 ●URL
●紹介者「ご自分のおなまえ」
とURL ※この[コメント2]を
HUMMING PAPAがソックリ次
の記事としてコピペしてUP致
します。 ※コメント3以降は、
ご自分の近況、更に紹介したい
イラストレーターさんの事、こ
の企画へのご要望等、ご自由に
お使い下さい。 ※お手数です
が、次のイラストレーターさん
に、「ここに紹介しましたよ」
のご連絡をお願いします。 ■と
いうルールで「イラストレータ

ーの輪」を作っていきましょう
か。(多々失礼の段、この場を
お借りして<(_ _)> このとおり
!)


Can we...
ご自分のリンクページに余裕がございましたら、好い描き手さんを探したい方のために、こちらへの相互リンクをお願い出来たらと思います。
CAUTION !
このwebサイト内の全てのアート及びその著作権は、ここにご紹介のあった作家の皆様それぞれに帰属するものです。無断の転用盗用を厳禁します。